FC2ブログ

プロフィール

かあちゃん

Author:かあちゃん
バツ2かあちゃん。
上の子は一度の目の結婚相手の子。下の子は二人目の結婚相手の子。
三度目の再婚相手のとうちゃんは奥さんと死別。
とうちゃんの妹夫婦が病死し、その子供達3人を
引き取ることになりステップファミリーとしてスタートするといいながら
4年間ゴタゴタで進まず・・・もしかして詐欺?
そのうえ中学1年の娘が不登校!
かあちゃんの悩みは、いつ終わるのか・・・・


月別アーカイブ


カテゴリ


また来てね


ブロともになろう


ブロとも一覧


是非!リンク

ついでにリンクしてってね♪

かあちゃんは、元旦那との結婚生活の時は
上の子は自分の子供じゃないから

小4の男の子が殺害された事件で
義理のお父さんが
「親でもないくせに」と言われたことにカッとなってって
気持ちも、分からんでもない気がした。

でも、殺害するほどのことか?って話だけど
きっと、親になろうって頑張ってきた人だったんだろう。

だからってカッとなったとしても首を絞めて
殺害までする人間だから、クズだけどね。

親の区別がつく歳なら子供にとっては
新しいお父さんやお母さんであって、どこまで行っても親の再婚相手であって
本当の親ではないって気持ちは仕方ない。

どんなになついていても、怒られたり嫌だと思う事があれば
親でもないくせにと思ってしまうのは当たり前の気持ちだ。

やっぱ子供の世話ってさ、簡単なことじゃないんだよね。
毎日毎日毎日毎日、苦労や悩みや悲しみや絶望や怒りや辛抱や
育てる側は、本当に大変なんだってことを
子供がいる人は再婚相手に教えないとダメだよね。って思った。

子供を簡単に考えすぎというか、すぐに懐くとか
言うこと聞くとか勘違いしすぎな義親が多いように思う。

そういう大変な時期を乗り越えて子供が大人になって
やっと本当の親とか義親とか
関係なく付き合えるようになるんだって。

それは親だって同じだし。



スポンサーサイト



テーマ : 義実家の悩み - ジャンル : 結婚・家庭生活

tag : 小4殺害 義父

コメント

親でもないくせに。は当たり前だと思う。

だって、子どもからしたら本当にそうなんだもん。って思います。
でも、だから何?って話。血が繋がった本当の家族だって 家族で居ようと努力しないと仲良くなんて出来ません。親として産まれる人なんていないんです。親は役割。家庭は学校だと思えばいい。家族はクラスメイト。親だから偉いなんて私は思いません。ただ、先に生まれただけの事。
だから、知っている事は先輩として教えるし、こうした方が良いよってアドバイスはする。
本当の親だからって子どもに虐待する親もいるし。親だと思わなくてもいいから、仲良く出来れば良かったですよね。
ずっと良い関係が続いていれば いつか子どもの方が人として認めてくれる筈です。

ワンピースの白ひげだって、船員をファミリーだって言ってましたよね。

これねぇ・・・

ニュースで聞いてびっくりしました。

その言葉が発せられてのが本当だとして気になったのは、そこまでにどういうやりとりがあったのか、と (´・ω・`)。

なんにせよ、人ひとり亡くなったことは重いです。この男のせこいプライドなんかよりもはるかに。

今日になって言葉を翻してるみたいですが、人が亡くなったことを思うと、ホント腹立ちます。

Re: 親でもないくせに。は当たり前だと思う。

そ~だよ!ワンピース観ろってかんじだわ。
簡単に親子になれるわけじゃないってのね。
血が繋がっていてもいなくてもさ。

Re: これねぇ・・・

キッカケは忘れ物を注意したことからじゃないんかな?
4年生だよ。しっかりした顔してる子だったしさ。

仕事もせずに家に居て親面して言う事聞くはずないよね。

めちゃくちゃ考えさせられる事件でした。
嫁が再婚したら・・・・

私は彼女さんの子どもたちにどう接するべきなのか・・・

子の事を優先に考えれば
親になろうと思うことは
良いことだけど
なれると大人は思っちゃいけないって事なのかな?
って思います。
子供には子供なりの考えがあるお思うので
そのなかで子供から親と認められることは
あっても
大人側からエゴを押し付けてはいけないな?
って思うところです。

Re: タイトルなし

うちは、上の子が義父で育ったけど
実際は義父だって知らずに育ったじゃんね。
それでも、なんか親って感じがしないって
ずっと思ってたっていうんだから。

もし、知っていたら
絶対に「親でもないくせに!」って言ってたと思う。

大人側は一生懸命親になろうと努力してる人もいても
認めるかどうかって子供なんだよね~。

かといって、親じゃないから怒らないじゃダメだしね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |